札幌市や札幌近郊および北海道内でハト被害や防止方法、害虫駆除.comへお任せ下さい。

  

鳩対策
ハトはと

平和の象徴、ハトの被害

「食欲旺盛、強い繁殖力、群れ行動」という特性をもつハト。 一度、ハトの巣窟になってしまえば、糞害や騒音被害だけでなく、 ハトの持つ病原菌により、致命的な病気にかかってしまうことも。

「糞はいやだけど、鳥なんてかわいいもんじゃないの?」いえいえ、甘く見てはいけません。 鳥の持つ病原菌には、人に感染し、死に至らしめるものさえあるのです。鳥の糞害や騒音被害、汚染などは様々な場所で問題となっています。鳥害対策の第一歩として、まずハトの被害について、しっかりとした知識を持っておきましょう。

ハトなどから伝染する病気

鳥から伝染する病気にはどのようなものがあるのでしょうか。 ハトは、その体内に多くの病原菌を持っていることが知られています。 以下で代表的なものをご紹介します。

クリプトコッカス病
近年最も注目されているクリプトコッカス病は、ハトの糞に含まれるカビの一種が原因の病気です。大気中に拡散されたカビを人が吸い込むことにより発病します。 軽症の場合は皮膚炎程度で済みますが、脳に感染した場合、髄膜炎・脳炎を発症し、発熱・人格変化・記憶障害といった症状が出ます。特に、クリプトコッカス性髄膜炎は致命率が約12%といわれる恐ろしい病気です。
オウム病
オウム病は従来、鳥類に感染する疾病ですが、ハト(30~50%)の糞や呼気沫に含まれるウイルスによって人間にも感染します。軽症のものはカゼと似た程度ですが、重くなると肺炎のような症状が現れます。普段ハトに接触する機会の多いお寺の職員に、オウム病抗体保有調査を行ったところ18%が陽性でした。
ニューカッスル病
ニューカッスル病は、ハトを含む多くの鳥がその病原菌を持っていますが、呼気沫や外部寄生虫の媒介によって発病します。 人間に感染した場合は、一般的に、急性類粒結膜炎(トラコーマ)を発症することが多いようです。


糞による汚染被害

糞による汚染被害も一度起こってからでは、対処が困難になります。 時には思いもしない出費がかかってしまうことも。

鳥糞はアルカリ性

鳥の糞はアルカリ性のため、付着して時間が経つと建物の壁面や屋根、車の塗装、機械やプラント設備、倉庫の資材や製品など、素材に大きなダメージを与えることになります。。

害虫駆除.comではハトの被害を最大限に抑えるため、鳩の嫌う磁場を良く飛来する場所に生成したり、既に糞害に遭われている場所の清掃作業も行っております。

hato
   スズメバチ ネズミ ゴキブリ シロアリ の駆除なら駆除業者No.1の害虫駆除.comまで!!
メールフォームはこちらです。
お庭の害虫対策のページへ

お庭の害虫対策について